アニメのメリット

アニメ動画の3つのメリット

アニメ動画の3つのメリット

1.エンタメイメージが強く、見てもらいやすい

まず見てもらえるアニメの特性

ユーザーに「長文を最後まで読んでもらう」のは大変ですが、「見ていれば情報が入ってくる」動画の特性と、アニメの持つエンタテインメント性で、見てもらえる確率が高まる上に、最後まで興味を持って情報を見てもらえます。

2.自由度の高い表現で、分かりやすく伝わりやすい

難解な説明もアニメなら一目瞭然!例えば薬事法など表現に規制の多い化粧品や健康食品なら、商品の使用感や使用後のイメージを演出やストーリーで表現できます。また、複雑になりがちな専門性の高いサービスやシステムでも、アニメーション(動き)や比喩表現を利用することで、直感的に理解させられます。

アニメならではの、自由度の高い表現

アニメならではの誇張表現

アニメならではの多彩な演出で、伝えたいポイントを的確に伝えます。

実写では難しいシチュエーション

実写では難しいシチュエーションも、アニメなら簡単に表現できます。

実写とアニメの合成

実写と絡めた演出で、必要なポイントだけリアルに伝えることも可能です。

効率よく、分かりやすく伝える工夫

短時間で理解

長い文章を読まなくても3分の動画で理解できます。

ストーリーで伝わる

ストーリー立てることで、より印象に残る内容にすることができます。

動きで伝える

静止画や言葉では説明が難しい内容も、動きで見せることでより分かりやすくなります。

3.静止情報の3倍記憶に残る

広告の認知率

せっかく理解してもらっても、記憶に残らなければ意味がありません。その点アニメは静止情報に比べて約3倍記憶に残るので、サイトへの再来訪につながったり、ユーザーが商品を検討する際に思い出してもらったり、といった効果が期待できます。

動画を作る・使う分にもアニメが有利

実写動画との比較

アニメ動画

実写動画

表現

実在・空想問わず表現可能。
イメージを増幅するデフォルメ表現や比喩表現が得意。

実在の人物や物に限られる。
リアリティが出せる。

制作期間

構成や演出の内容に関わらず、一定期間で制作可能。
(尺数に応じて変動)

構成や演出の内容で大きく増減。
ロケが絡む場合は天候等の外部要因によっても変化。

コスト

構成や演出の内容に関わらず、尺数による変化が基本。

構成や演出の内容、キャスティング等で大きく変化。

その他

実在の人物やタレントと違い肖像権の管理等は必要なし。

社員や商品利用者を登場させる場合は演技指導が必要。
また実在人物の場合、後から掲載不可→修正が必要になることも。

動画活用事例